NICAM : Nonhydrostatic ICosahedral Atmospheric Model

Japanese/English


  • 佐藤正樹研究室
  • 大気海洋研究所
  •  

     Facebook -NICAM page-
  •  

     Youtube -NICAM Channel-
  •  
  •  RSS RSS
  • お問い合わせ先
    佐藤 正樹(Masaki Satoh)
    satoh(a)aori.u-tokyo.ac.jp ((a)->@)

Award

NICAM関連受賞リスト(2017.09.07 時点)

2017年

2017/09/07

地球表層圏変動研究センター 大気海洋系変動分野所属 大野 知紀 特任研究員が公益社団法人日本気象学会の 平成29年度「山本賞」を受賞しました。

受賞題目:「熱帯低気圧の暖気核に関する力学的研究」
対象論文: Ohno, T. and M. Satoh, 2015: On the warm core of a tropical cyclone formed near the tropopause. J. Atmos. Sci., 72, 551-571.
Ohno, T., M. Satoh and Y. Yamada, 2016. Warm cores, eyewall slopes, and intensities of tropical cyclones simulated by a 7-km-Mesh global nonhydrostatic model. J. Atmos. Sci., 73, 4289-4309.
受賞アナウンス: http://www.metsoc.jp/2017/08/17/9011

2017/05/24

佐藤正樹教授の発表論文がProgress in Earth and Planetary Science (PEPS) The Most Cited Paper Award 2017 を受賞しました。

対象論文: Satoh, M., Tomita, H., Yashiro, H., Miura, H., Kodama, C., Seiki, T., Noda, A. T., Yamada, Y., Goto, D., Sawada, M., Miyoshi, T., Niwa, Y., Hara, M., Ohno, Y., Iga, S., Arakawa, T., Inoue, T., Kubokawa, H. (2014)
The Non-hydrostatic Icosahedral Atmospheric Model: Description and development. Progress in Earth and Planetary Science. 1, 18. doi:10.1186/s40645-014-0018-1

受賞アナウンス:http://progearthplanetsci.org/awards_j/most-cited-2017.html

2016年

2016/10/13

丹羽洋介(気象研究所)氏が日本大気化学会奨励賞を受賞しました。
「全球大気輸送モデルNICAM-TMを用いた二酸化炭素のフラックス解析に関する研究」

2016年10月13日 第22回大気化学討論会で受賞講演が開催されました。
The 22nd Symposium on Atmospheric Chemistry in Sapporo, Hokkaido
Oct. 12(Wed.) - 14(Fri.), 2016
http://sower.ees.hokudai.ac.jp/touron2016/oral_program.pdf
気象庁気象研のHPからのアナウンス:
http://www.mri-jma.go.jp/Topics/H28/281020/Hyousyou20161020_niwa.html

2016/05/22

Progress in Earth and Planetary Science (PEPS) に掲載された論文 Satoh et al. (2014) が、 "Progress in Earth and Planetary Science Most Accessed Paper Award 2016" を受賞しました。

PEPS 記事
http://progearthplanetsci.org/index_j.html#modal-featured13

2016/04/12

佐藤正樹教授が平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰である科学技術賞(開発部門)を受賞しました。
受賞者:国立大学法人東京大学 大気海洋研究所 教授 佐藤 正樹
国立研究開発法人 理化学研究所 計算科学研究機構 チームリーダー 富田 浩文
業績名:「正二十面体分割格子を用いた全球非静力学大気モデルの開発」

文部科学省のホームページ:
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/04/1369460.htm
大気海洋研究所のホームページ:
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/aori_news/information/2016/20160412-1.html
地球表層圏変動研究センターのページ:
http://cesd.aori.u-tokyo.ac.jp/info/20160412.html

2016/01/26

2015年気象集誌論文賞(JMSJ Award)
著者:佐藤正樹、山田洋平、杉正人、小玉知央、野田暁
受賞題目:「地球温暖化に伴う熱帯低気圧の全球発生数の将来変化に対する制約条件」
Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II
Vol. 93 (2015) No. 4 p. 489-500
Satoh, M., Y. Yamada, M. Sugi, C. Kodama, and A. T. Noda, 2015: Constraint on future change in global frequency of tropical cyclones due to global warming.
公益社団法人 日本気象学会 気象集論文賞受賞者一覧のページ
http://doi.org/10.2151/jmsj.2015-025

2015年

2015/10/31-11/3   

東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻科の澁谷 亮輔さんが
地球電磁気・地球惑星圏学会 学生発表賞(オーロラメダル)を受賞しました。

第138回講演会 (2015年10月31日-11月3日:東京)
澁谷 亮輔 (東京大学: 第2分野)
   「南極昭和基地大型大気レーダーによって観測された中間圏重力波と
    中層大気NICAMによる再現実験」(S002-14)
    http://www.sgepss.org/sgepss/history/students.html

2014年

2014/10/14

Highly Accessed Paper of Progress in Earth and Planetary Science,
“The Non-hydrostatic Icosahedral Atmospheric Model: description and development” by Masaki Satoh, Hirofumi Tomita, Hisashi Yashiro, Hiroaki Miura, Chihiro Kodama, Tatsuya Seiki, Akira T Noda, Yohei Yamada, Daisuke Goto, Masahiro Sawada, Takemasa Miyoshi, Yosuke Niwa, Masayuki Hara, Tomoki Ohno, Shin-ichi Iga, Takashi Arakawa, Takahiro Inoue, Hiroyasu Kubokawa, 2014, 1:18
PEPS 日本語Abstractページ

2011年

2011/11/17

2011年気象集誌論文賞(JMSJ Award)
著者:丹羽洋介、富田浩文、佐藤正樹、今須良一
受賞題目:「大気トレーサー輸送のための単調性と空気密度との整合性を保持する3次元20面体格子移流スキーム」
Yosuke NIWA, Hirofumi TOMITA, Masaki SATOH and Ryoichi IMASU, 2011: “A Three-Dimensional Icosahedral Grid Advection Scheme Preserving Monotonicity and Consistency with Continuity for Atmospheric Tracer Transport”. J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 89, 255-268 (2011). Yosuke NIWA, Hirofumi TOMITA, Masaki SATOH and Ryoichi IMASU: “A Three-Dimensional Icosahedral Grid Advection Scheme Preserving Monotonicity and Consistency with Continuity for Atmospheric Tracer Transport”. J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 89, 255-268. (2011)
公益社団法人 日本気象学会 気象集論文賞受賞者一覧のページ
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmsj/89/3/89_3_255/_article

2008年

2008年度

日本気象学会山本正野賞
受賞者:三浦 裕亮 (東京大学)
受賞対象論文:Miura,H., Satoh, M., Nasuno, T., Noda, A.T., Oouchi, K.(2007) A Madden-Julian Oscillation event simulated using a global cloud-resolving model. Science, 318, 1763-1765.
公益社団法人 日本気象学会 日本気象学会賞受賞者一覧のページ

2007年

2007/05/14

2007年度日本気象学会賞
受賞者:佐藤正樹、富田浩文
業績:「準一様格子を用いた全球雲解像大気モデルの開発とそれによる熱帯対流雲集団シミュレーション」
公益社団法人 日本気象学会 日本気象学会賞受賞者一覧のページ

2006年

2006/02/18

日本流体力学会 竜門賞
業績:「正20面体準一様格子を用いた非静力学大気大循環モデルの開発」
受賞者:富田浩文
日本流体力学会 2005年度受賞者一覧のページ

2005年

2005/04/01

海洋研究開発機構 研究開発功績賞
業績:「全球雲解像モデルの開発、熱帯でのクラウドクラスターのシミュレーション」
受賞者:富田浩文

2005/03/17

Frontier Award for outstanding research accomplishments in FY2004 at the Frontier Research Center for Global Change
業績:「全球雲解像大気モデル原型版完成および水惑星実験によるMJOのシミュレーション」
受賞者:佐藤正樹、富田浩文
地球環境フロンティア研究センター発行『Frontier Newsletter』No.27 ※受賞者リストはP.11に掲載

2002年

2002/03/18

Frontier Award for outstanding research accomplishments in FY2001 at the Frontier Research System for Global Change
業績:「球面上の浅水波方程式系の高速解法」
受賞者:富田浩文